高校化学

高校化学
5分で解ける!アルコールの酸化反応に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!アルコールの酸化反応に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 3節 31  練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

第一級アルコール⇒アルデヒド⇒カルボン酸

高校 化学 5章 3節 31  練習 答えなし

lecturer_avatar

今回の問題は、エタノールの酸化に関する問題です。
エタノールといえば、有名なアルコールでしたね。
アルコールの酸化に関しては、アルコールの級数が重要でした。
アルコールの級数といえば、ヒドロキシ基が直接結合している炭素原子に結合している炭素原子の数のことでしたね。

lecturer_avatar

今回のエタノールの構造式を見ると、第一級アルコールであることがわかります。
みなさんは、第一級アルコールの酸化の流れを覚えていますか?
第一級アルコール⇒アルデヒド⇒カルボン酸という流れでしたね。

lecturer_avatar

つまり、構造アはアルデヒド構造イはカルボン酸だとわかります。
ここまでわかったら、それぞれの構造式を考えればよいですね。

第一級アルコール⇒アルデヒドは、2Hをとる

lecturer_avatar

「第一級アルコール⇒アルデヒド」の変化では、2Hをとると紹介しましたね。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 3節 31 練習 アの答え

アルデヒド⇒カルボン酸は、Oをつける

lecturer_avatar

「アルデヒド⇒カルボン酸」の変化では、Oをつけると紹介しましたね。
よって、構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 3節 31 練習 イの答え
アルコールの酸化反応
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸素を含む有機化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学