高校化学

高校化学
5分でわかる!マレイン酸とフマル酸

2
Movie size

5分でわかる!マレイン酸とフマル酸

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

マレイン酸とフマル酸

高校 化学 5章 3節 41 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「マレイン酸とフマル酸」です。

lecturer_avatar

みなさんは、酢酸ギ酸など、色々なカルボン酸について学習してきましたね。
今度は、少し複雑なカルボン酸を見ていきましょう。

シス型のマレイン酸、トランス型のフマル酸

lecturer_avatar

図のような2つのカルボン酸を用意しました。

高校 化学 5章 3節 41 1 2つの構造式のみ

lecturer_avatar

左がマレイン酸、右がフマル酸という物質です。

lecturer_avatar

どちらも2つのカルボキシ基をもっていますね。
このような化合物を、ジカルボン酸といいました。

lecturer_avatar

さて、みなさんに注目して欲しいのは、それぞれの炭素原子間にある二重結合です。
二重結合があるということは、シス・トランス異性体(幾何異性体) が生じる可能性があります。
確かに、今回のマレイン酸とフマル酸では、カルボキシ基のつき方が違っていますね。
マレイン酸はシス型、フマル酸はトランス型になっています。

覚え方は、「トラに踏まれて、まれに死す」

lecturer_avatar

マレイン酸とフマル酸は、試験でもよく問われる物質です。
しかし、どちらがマレイン酸で、どちらがフマル酸か、混乱してしまう人も少なくありません。

lecturer_avatar

こんなときには、語呂合わせですね。
トラ踏まれて、まれ死す」と覚えましょう。
これなら、酸の名前とシス・トランスの関係がわかりますね。

高校 化学 5章 3節 41 1 答えあり

lecturer_avatar

シス型のマレイン酸とトランス型のフマル酸を押さえておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

マレイン酸とフマル酸
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸素を含む有機化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学