高校化学

高校化学
5分でわかる!界面活性剤

3
Movie size

5分でわかる!界面活性剤

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

界面活性剤

高校 化学 5章 3節 49 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「界面活性剤」です。

lecturer_avatar

みなさんは、セッケンのできかたについて学習してきましたね。
今回は、セッケンが汚れを落とす仕組みについて学んでいきましょう。

セッケンは親水基と疎水基をもつ

lecturer_avatar

セッケンの構造式は、R-COONaです。
これが水中で電離して、 R-COO-Na+ に分かれるわけです。
この様子を模式図で表すと、次のようになります。

高校 化学 5章 3節 49 1図のみ

lecturer_avatar

図の左側は、炭化水素がつながったような構造になっています。
こちらは油に近いイメージです。
油といえば、水に溶けにくく、有機溶媒となじみやすいことで有名ですね。
ですから、この部分を疎水基といいます。

lecturer_avatar

それに対して、図の右側はどうでしょうか?
こちらはイオンの性質をもっているため、水との相性がよいことになります。
この部分のことを、親水基といいます。

セッケンは界面活性剤の一種

lecturer_avatar

以上のように、セッケンは、親水基と疎水基を合わせもっていることになります。
このような物質を、界面活性剤といいます。
つまり、セッケンは、界面活性剤の一種ということですね。
セッケンの他の界面活性剤には、別の授業で紹介する合成洗剤などがあります。

高校 化学 5章 3節 49 1 答えあり

lecturer_avatar

セッケンなどの界面活性剤は、親水基と疎水基をもつことを押さえておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

春キャンペーン2019
界面活性剤
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019