高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト6、第1問)に関する問題

22

5分で解ける!有機化合物(テスト6、第1問)に関する問題

22
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 化学 5章 3節 33 1 演習1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習していきましょう。

lecturer_avatar

まずは、演習1です。
①~③の特徴をもつアルコールを選ぶ問題ですね。

高校 化学 5章 3節 33 1 演習1 答えなし

lecturer_avatar

さて、①~③は、アルコールの酸化に関する内容になっていますね。
アルコールの酸化においては、アルコールの級数が重要でした。
それぞれの構造と特徴をちゃんと覚えていますか?
順番に見ていきましょう。

アルコールの級数に注目

高校 化学 5章 3節 33 1演習1

lecturer_avatar

まず、ア~ウのアルコールの級数を考えましょう。
級数を考えるときには、ヒドロキシ基が結合している炭素に、いくつの炭素が直接結合しているかを考えるのでしたね。
それぞれの級数は、次のようになります。
 ア 第二級アルコール
 イ 第一級アルコール
 ウ 第三級アルコール

lecturer_avatar

それでは、次に、①~③の条件を考えましょう。

第一級アルコール⇒アルデヒド⇒カルボン酸

lecturer_avatar

① 酸化するとアルデヒドになる
これは、第一級アルコールの特徴でした。
第一級アルコール⇒アルデヒド⇒カルボン酸と変化していくのでしたね。
よって、①の答えは、です。

第二級アルコール⇒ケトン

lecturer_avatar

② 酸化するとケトンになる
これは、第二級アルコールの特徴です。
第二級アルコール⇒ケトンと変化するわけです。
よって、②の答えは、です。

第三級アルコールは酸化されにくい

lecturer_avatar

③ 酸化されにくい
こちらは、第三級アルコールの特徴です。
よって、答えは、となります。

高校 化学 5章 3節 33 1 演習1 答えあり
難関大合格パーソナルプログラム
有機化合物(テスト6、第1問)
22
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

有機化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      酸素を含む有機化合物

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校化学