高校化学

高校化学
5分で解ける!エーテルに関する問題

6

5分で解ける!エーテルに関する問題

6
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 3節 34 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

アルコールの分子間脱水でエーテルができる

高校 化学 5章 3節 34 練習 答えなし

lecturer_avatar

エーテルの性質のひとつに、アルコールの脱水によって得られる、というものがありましたね。
アルコールの脱水反応を思い出しましょう。

lecturer_avatar

今回の問題では、エタノールと濃硫酸の混合物を、約130℃で加熱しています。
このときに起こるのは、分子間脱水でしたね。
まず、2つのエタノールを用意しましょう。

高校 化学 5章 3節 34 練習 答えの上の部分(矢印より手前)のみ

lecturer_avatar

次に、2分子のアルコールの間でHとOHがとれることになります。
それによって、エーテル結合ができ、ジエチルエーテルが生成するのでしたね。
答えは、次のようになります。

高校 化学 5章 3節 34 3 答えすべて

lecturer_avatar

ちなみに、アルコールを約170℃で加熱した場合には、分子内脱水によってアルケンが生じます。
エタノールの分子内脱水では、エチレンという物質ができます。

lecturer_avatar

分子間脱水と分子内脱水は、非常に紛らわしく、テストでも狙われやすいです。
加熱温度と関連させて、きちんと整理しておきましょう。

高校 化学 5章 3節 34 3 答えすべて
逆転合格セミナー
エーテル
6
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー

この授業のポイント・問題を確認しよう

有機化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      酸素を含む有機化合物

      逆転合格セミナー逆転合格セミナー

      高校化学