高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!江戸初期の政治1 家康・秀忠の時代1に関する問題

12

5分で解ける!江戸初期の政治1 家康・秀忠の時代1に関する問題

12
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近世13 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題で今回の内容を振り返りましょう。

1600年、リーフデ号が漂着し、関ヶ原の戦いも起きた

lecturer_avatar

1600年、豊後に リーフデ号 が漂着します。
この船の乗組員、イギリス人の ウィリアム=アダムズ とオランダ人の ヤン=ヨーステン の2人は、その後徳川家康に外交顧問として仕えることになりました。

lecturer_avatar

同年、徳川家康は 関ヶ原の戦い石田三成 の率いる西軍を破り、天下取りを決定づけました。

将軍になった家康は、糸割符制度を出した

lecturer_avatar

そして 1603年 、徳川家康が 征夷大将軍 になります。
江戸幕府の始まりです。

lecturer_avatar

中国産の生糸を持ち込んで独占的に利益を上げていたポルトガル商人対策のため、幕府は 糸割符制度 を打ち出しました。
この制度に加わった 糸割符仲間 は、 長崎京都大坂江戸 の五都市の商人たちのみでした。

練習の答え
近世13 練習 答え入り
lecturer_avatar

関ヶ原の戦いと、その後の家康将軍時代に、リーフデ号の漂着や糸割符制度など、外交上の重要事項があったことを、セットで押さえておくようにしましょう。

難関大合格パーソナルプログラム
江戸初期の政治1 家康・秀忠の時代1
12
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B