高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!元禄文化2に関する問題

2

5分で解ける!元禄文化2に関する問題

2
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近世の文化11 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学習した内容を確認していきましょう。

元禄文化の文学

lecturer_avatar

井原西鶴は談林派の俳人で、『好色一代男』や『日本永代蔵』などの浮世草子と呼ばれる小説の作家でもあります。

lecturer_avatar

松尾芭蕉は東北・北陸の紀行文として奥の細道を著しました。

lecturer_avatar

近松門左衛門は『国姓爺合戦』など人形浄瑠璃や歌舞伎の作家です。

元禄文化の芸能

lecturer_avatar

竹本義太夫は、後に義太夫節と呼ばれる独特の語り口調で人形浄瑠璃を演じました。

練習の答え
近世の文化11 練習 答え入り
lecturer_avatar

元禄文化について見てきました。
元禄文化は徳川綱吉の時代を中心に、江戸時代が落ち着いてきた頃に栄えた文化でした。
主な担い手が上方の豪商であった点もおさえておくようにしましょう。

難関大合格パーソナルプログラム
元禄文化2
2
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B