高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!茶道

10

5分でわかる!茶道

10
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

茶道

近世の文化5 単語1 近世の文化5 ポイント1 

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、桃山文化の残りを見ていきましょう。まずは茶道ですね。

茶道を大成!「千利休」!

近世の文化5 ポイント1 ◎茶人 から 2畳の茶室 まで (茶室の写真込みで)

lecturer_avatar

この時代、の豪商、千利休が茶道を大成します。
室町時代に村田珠光が侘茶を創始し、それを武野紹鷗が受け継いで、千利休が大成させるという流れをおさえましょう。

lecturer_avatar

また、千利休のほか、同じく堺の今井宗久津田宗及らも茶人として名を上げます。

lecturer_avatar

茶室建築としては、妙喜庵待庵が重要です。
これは、千利休がつくらせた2畳の茶室です。

近世の文化5 ポイント1 ◎茶会 から 最後まで

lecturer_avatar

1587年には、豊臣秀吉により京都北野で北野大茶会が開かれ、身分貧富の差なく参加が求められました。
時の権力者がこのような大規模な行事を催すほどに、茶道は文化の中心に位置するようになっていたわけです。

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

難関大合格パーソナルプログラム
茶道
10
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世の文化

難関大合格パーソナルプログラム
難関大合格パーソナルプログラム

高校日本史B