高校数学Ⅲ

高校数学Ⅲ
5分で解ける!指数関数e^xの微分公式に関する問題

38

5分で解ける!指数関数e^xの微分公式に関する問題

38
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう

微分法7 問題1

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

(1)y=ex+2と,(2)y=exsinxを微分する問題です。exの微分公式を使って計算しましょう。

POINT
微分法7 ポイント
lecturer_avatar

exは微分してもexのままであることがポイントでしたね

ex+2=e2×ex

微分法7 問題1(1)

lecturer_avatar

公式として使えるのは,(ex)'=exです。exが登場するように与式を変形すると,
y=ex+2=e2×ex
e2は定数なので,積の微分公式を使う必要はありません。exだけ微分すると,
y'=e2×(ex)'=e2×ex=ex+2
と答えが求まります。

(1)の答え
微分法7 問題1(1)

積の微分公式を活用

微分法7 問題1(2)

lecturer_avatar

y=exsinxは,exもsinxもxの関数ですね。2つの関数の積で表されているので,積の微分公式を使いましょう。
y'=(ex)'sinx+ex(sinx)'
ここで,
(ex)'=ex
(sinx)'=cosx
より,
y'=(ex)'sinx+ex(sinx)'
 =exsinx+excosx
 =ex(sinx+cosx)
と答えが求まります。

(2)の答え
微分法7 問題1(2)
オンラインLIVE夏期講習
指数関数e^xの微分公式
38
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

微分法

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      いろいろな関数の導関数

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校数学Ⅲ