高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!A∪B(和集合)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!A∪B(和集合)に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式66 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「和集合」 を求める問題を解こう。
ポイントは以下の通りだよ。ただ解くだけではなく、図を描けるようにしておこう。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式66 ポイント

集合Aと集合Bのたし算

lecturer_avatar

A={1,2,3,4}
B={3,4,5,6}
問題を解くだけなら、簡単だよ。上の2つの集合の要素を見比べて、含まれているものを全て書けばいいから、
A∪B={1,2,3,4,5,6} となるね。

集合の問題は、図を描けるように!

lecturer_avatar

でも、集合の問題は 「図を描く」 ことが重要だよ。
図でイメージできるようになっていないと、これから先に学習する内容でつまづいてしまうんだ。

lecturer_avatar

「和集合」の図を描くときのコツは、 「共通部分」を見つける こと。
今回の場合は、3と4だね。
まず、集合Aを図にするとき、 ダブっている3と4を中央 に、1と2を外側に描こう。
こうしておくと、後で集合Bを描くときに描きやすいんだ。完成したものが以下の図だよ。

高校数学Ⅰ 数と式66 例題の答えの上部 集合の図
lecturer_avatar

このように、見やすい図を正確に描けるように練習しておこう。

答え
高校数学Ⅰ 数と式66 例題の答え
春キャンペーン2019
A∪B(和集合)
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Ⅰの問題