高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!A∪B(和集合)に関する問題

45

5分で解ける!A∪B(和集合)に関する問題

45
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式66 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

「和集合」 を求める問題を解こう。
ポイントは以下の通りだよ。ただ解くだけではなく、図を描けるようにしておこう。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式66 ポイント

集合の問題は、図を描けるように!

高校数学Ⅰ 数と式66 練習(1)

lecturer_avatar

集合の問題では 「図を描ける」 ことが大切だよ。
AとBの 共通部分は4 だから、これを 中央において 、以下のような図を描こう。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 数と式66 練習(1)の答え

高校数学Ⅰ 数と式66 練習(2)

lecturer_avatar

AとCの 共通部分は1と2 だから、これを 中央において 、以下のような図を描こう。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 数と式66 練習(2)の答え

「∩」と「∪」の見分け方

lecturer_avatar

共通部分「∩」 と、 和集合「∪」 。2つの記号が、どっちがどっちだか分からなくなる人もいるよね。
そこで、こんな風にして覚えるのはどうかな。

lecturer_avatar

まず和集合「∪」。これって、何だか 「バンザイ」 している形に見えるよね。
これまで見てきたように、和集合はたし算の集合だから、共通部分に比べて 要素の数が沢山 になるんだった。だから、 沢山あって「バンザーイ」 と喜んでいるイメージで覚えよう。

lecturer_avatar

逆に、共通部分「∩」は、肩を落として 「ガッカリ」 しているように見えないかな?要素の数が 少ししかなくて、「ガッカリ」 しているイメージで覚えよう。

逆転合格セミナー
A∪B(和集合)
45
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

数と式

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      集合と命題

      逆転合格セミナー逆転合格セミナー

      高校数学Ⅰ