高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分でわかる!条件の否定

4
Movie size

5分でわかる!条件の否定

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

条件の否定

高校数学Ⅰ 数と式75 ポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

「Aの否定」=「Aでない」

lecturer_avatar

今回は、 「条件の否定」 について学習しよう。
例えば、「Aである」という条件の否定って、どうなると思う?

lecturer_avatar

それは、 「Aでない」 になるんだ。
・・・ものすごく当たり前だよね。

lecturer_avatar

ちなみに、この「Aでない」は、補集合のときにも出てきた記号を用いて 「A(上部に棒線)」 と表すよ。

4つの頻出パターンがある!

lecturer_avatar

そんな当たり前の話だけど、問題に出てくる 頻出パターンが4つ あるよ。それだけはしっかり押さえておこう。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式75 ポイント
lecturer_avatar

「x=4」の否定
これは、「『x=4』ではない」のだから、そのまま「x≠4」とすればOKだよ。

lecturer_avatar

「x<2」の否定
「『xは2より小さい』の否定」だね。ということは、「2よりも大きい」?
と、考えがちだけど、それだと 「x=2」 のことを放置してしまっているよ。
「x<2」の否定は、きちんと 等号もつけて「x≧2」 となるよ。
逆に、「x≦2」の否定なら、 等号を外して「x>2」 だね。

lecturer_avatar

「有理数」の否定
「有理数・無理数」の勉強は覚えているかな?
「有理数」の否定は、 「無理数」 になるよ。

lecturer_avatar

「奇数」の否定
「奇数」の否定は、 「偶数」
「奇数」と対になる数といえば、「偶数」だよね。

lecturer_avatar

この④のパターンは、 「整数」 がテーマとなっている問題で出てくるよ。

Imagawa
この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

条件の否定
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      数と式

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          集合と命題

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ