高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!三大改革7に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!三大改革7に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

近世43 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回学んできた大御所時代について確認していきましょう。

海外との関係が大きく揺れ動いた大御所時代

lecturer_avatar

1804年、ロシア使節の レザノフ が長崎に来航し通商要求を行いましたが、幕府は拒否しました。
その後、いったん幕府は文化の薪水給与令を出して、外国船に少しやさしく、という形の方針を出します。

lecturer_avatar

イギリス船が長崎湾内に侵入した フェートン号事件 や、ロシア人を捕縛した事件である ゴローニン事件 をきっかけに、今までの方針の転換が図られ、1825年に 異国船打払令 が出されました。

lecturer_avatar

1837年、大坂で、陽明学者でかつ幕府の元役人であった 大塩平八郎 (おおしおへいはちろう)が反乱をおこしました。
同じ年に、モリソン号事件が起きます。
アメリカ商船のモリソン号を問答無用で打ち払ったことを批判し、『慎機論』を著した 渡辺崋山 や『戊戌夢物語』を著した 高野長英 らが 蛮社の獄 で弾圧されました。
渡辺崋山はテストでよく書かされます。漢字に注意しましょう。

練習の答え
近世43 練習
lecturer_avatar

以上、大御所時代を見てきました。
この時期には外国船が次々とやってきて、幕府は大騒ぎとなります。
しかし、きちんとした政治ができていなかったこともあり、適切な対応が取れたとは言い難い状態でした。

三大改革7
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B