高校日本史B
高校日本史B
5分で解ける!江戸時代の社会経済9(第3問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!江戸時代の社会経済9(第3問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

江戸時代の社会経済7・8(モノの流れ、貨幣、豪商)の確認テスト【正誤問題(4択問題)】

近世33 問題3 カッコ空欄

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

問題3、4択の正誤問題に挑戦してみましょう。

問題3

近世33 問題3 アイコンなし

lecturer_avatar

①について、在郷(在方)というのは田舎・地方を指します。
いっぽう、 蔵物江戸・大坂に大名が置いた蔵屋敷 で販売されたものです。
蔵屋敷を通さないで商人が販売する品物は、「納屋物」と呼ばれていましたね。
よって、①は誤りです。

lecturer_avatar

②について、旗本・御家人の俸禄米(給料)を取り扱ったのは、 札差 (ふださし)と呼ばれる商人です。
掛屋 は蔵屋敷の会計担当ですね。
よって、②も誤りです。

lecturer_avatar

③は正しいです。
大坂のほうがモノが多く集まったので、株仲間を作った問屋の数も24と多かったのですね。

lecturer_avatar

④について、 金座・銀座・銭座はあくまで貨幣を鋳造する場所 であり、金融業を行う場所ではなかったので、誤りです。
ちなみに、今の東京にある「銀座」という地名は、この銀を作る銀座があったことから名づけられています。

lecturer_avatar

①②④を明確に誤りと断定するのは難しくても、③が明らかに正しいので、自信を持って③を選べるように知識を身につけておきましょう。

問題3の答え
近世33 問題3 答え入り
lecturer_avatar

ここまで、江戸時代の社会経済を見てきました。
あまり具体的な人物が出てこないので、覚えづらかったかもしれませんが、
自分の持っている資料集・図録などを積極的に参照して、イメージを明確にしていく とよいでしょう。

lecturer_avatar

あるいは今回のような問題を多く解いていくことで、さらに解き方のイメージが持てるようになってきます。
苦手にする人が多い単元ですが、逆に言えば差をつけるチャンスでもあります。
がんばって勉強してみましょう。

江戸時代の社会経済9(第3問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      近世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B