高校日本史B
高校日本史B
5分でわかる!北条時政の時代

1
Movie size

5分でわかる!北条時政の時代

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

初代執権 北条時政の時代

中世13 単語2 北条時政の時代中世13 ポイント2 北条時政の時代

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

前のポイントで見たように、将軍独裁の時代は源頼朝の時代だけで、頼朝の死後は 執権 政治の時代となります。
このポイントでは、執権政治の始まりと、初代執権の 北条時政 (ほうじょうときまさ)の時代について見ていきます。

頼朝の義理の父、北条時政

lecturer_avatar

まず、 北条時政 という人物がどういう人物だったか、知っておきましょう。
北条時政は、頼朝の奥さんである 北条政子 (ほうじょうまさこ)の父、つまり頼朝の義理の父に当たる人物です。
元々は頼朝が平治の乱後に伊豆に流されたとき、頼朝を監視する役目を持っていた人物でした。
この時政が、頼朝の死後、権力を握っていくこととなります。

有力なライバルを潰していった時政

中世13 ポイント2 「他氏排斥」がついている3つの行

lecturer_avatar

時政は頼朝の死後、権力を強固なものとするため、平安時代に藤原氏が行ったように、 他氏排斥 (ライバル潰し)を行っていきます。
1200年の梶原景時の乱、1203年の比企能員の乱、1205年の畠山重忠の乱と、次々と反乱を起こさせ、それを潰す形で、鎌倉幕府内部の有力なライバルたちを倒していきました。

将軍までも排斥し、権力を強めていく

中世13 ポイント2 「他氏排斥」がついていない真ん中の<1203>と<1204>

lecturer_avatar

二代将軍の源頼家(みなもとのよりいえ)は、父の後を継ぎ、自分で政治を行っていこうとします。
しかし、権力を握りたい北条時政によって将軍の職を追われ、1203年、代わって弟の 源実朝 (みなもとのさねとも)が将軍に就きます。
実朝は政治に興味がなかったため、時政にとって都合がよかったのです。

lecturer_avatar

直後、時政は政務を行う 政所 (まんどころ)の別当(長官)に就きます。
これにより、政所には貴族出身の 大江広元 と武士出身の北条時政という形で、別当が二人、という体制に変わりました。
ちなみに、この 政所 は当初、 公文所 という名前でしたね。

lecturer_avatar

更に時政は、実朝が将軍に就いた翌年、伊豆修善寺に幽閉した先代将軍の源頼家を暗殺します。
こうして、北条時政はライバルを潰し、将軍も押さえ込み、強い権力を握りました。

Kurokawa
この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

北条時政の時代
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B