高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!証明の進め方に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!証明の進め方に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式79 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

いろいろな整数を文字で表す問題だね。
証明問題を解くときには、「問題文の あるキーワード 」に反応して、「キーワード⇒式」に置きかえることが大事だよ。
必須の知識として確認しておこう。

「偶数」「奇数」の表し方は?

高校数学Ⅰ 数と式79 練習(1)

lecturer_avatar

「偶数」は2の倍数のこと。つまり、2×(整数)のことだよ。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 数と式79 練習(1)の答え

高校数学Ⅰ 数と式79 練習(2)

lecturer_avatar

「奇数」は「偶数の隣の数」のことだね。「(偶数)+1」で表せるよ。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 数と式79 練習(2)の答え

「~の倍数」「連続する~」の表し方

高校数学Ⅰ 数と式79 練習(3)

lecturer_avatar

5の倍数は、5×(整数)で表せるね。

(3)の答え
高校数学Ⅰ 数と式79 練習(3)の答え

高校数学Ⅰ 数と式79 練習(4)

lecturer_avatar

連続する3つの整数の最初の1つをkとすると、
k,k+1,k+2 と表すことができるね。

lecturer_avatar

問題によっては、真ん中の整数をkとおいて、
k-1,k,k+1  と表した方が計算が簡単になる場合も多いよ。

(4)の答え
高校数学Ⅰ 数と式79 練習(4)の答え カッコを外して、それぞれの間にカンマをつける
証明の進め方
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Ⅰの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      数と式

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          集合と命題

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ