高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!絶対値を含む不等式に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!絶対値を含む不等式に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式50 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「絶対値を含む不等式」 を解いてみよう。
ポイントは以下の通り。慣れるまでは、数直線をかいてイメージしよう。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式50 ポイント

xの絶対値が2より小さい

高校数学Ⅰ 数と式50 例題(1)

lecturer_avatar

|x|<2 は、「xの絶対値が2より小さい」。
つまり、 「0から2歩より内側」 だね。
数直線をかいてイメージしよう。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 数と式50 例題(1)の答え

xの絶対値が1より小さい

高校数学Ⅰ 数と式50 例題(2)

lecturer_avatar

|x|>1 は、「絶対値が1より大きい」。
つまり、「 0から1歩より外側 」だね。
数直線をかいてイメージしよう。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 数と式50 例題(2)の答え

x-1の絶対値が8以下

高校数学Ⅰ 数と式50 例題(3)

lecturer_avatar

|x-1|≦8 は、「絶対値が8以下」。
つまり、 「0から8歩以下」 という意味だよね。

lecturer_avatar

何が8歩以下なの?
今回の場合は、x-1だよね。
これを式にすると、 -8≦x-1≦8 だね。

lecturer_avatar

最後はジャマな-1を移項するんだけれど、1度に処理するのは無理だから、
-8≦x-1  と
x-1≦8  で、
それぞれ分けて考えよう。

(3)の答え
高校数学Ⅰ 数と式50 例題(3)の答え
春キャンペーン2019
絶対値を含む不等式
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Ⅰの問題