高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分でわかる!連立不等式の解き方3

47

5分でわかる!連立不等式の解き方3

47
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

連立不等式の解き方③

高校数学Ⅰ 数と式45 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業

A<B<Cの形の不等式

lecturer_avatar

「連立不等式」 の仕上げを学習しよう。
今回出てくるのは、こんな式なんだ。

高校数学Ⅰ 数と式45 例題
lecturer_avatar

A<B<Cのような形の不等式は、実は「連立不等式」として解くことができるんだ。

A<B、B<C として解く!

lecturer_avatar

A<B<C って並べられているから厄介だけど、1つずつ見てみると、 「『A<B』だし、『B<C』だよ」 とわけることができるんだよね。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式45 ポイント
lecturer_avatar

例題のようにA≦B<Cならば、
A≦B
B<C
というわけだね。

lecturer_avatar

これなら、連立方程式として解くことができるね。

この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

難関大合格パーソナルプログラム
連立不等式の解き方3
47
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム