高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!荘園の開発

1
Movie size

5分でわかる!荘園の開発

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

荘園の開発

中世2 単語1 荘園の開発中世2 ポイント1 荘園の開発

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

2つ目のポイントでは、土地制度が変わって、荘園がどうなっていったか、どう開発されていったのか、ということについて見ていきましょう。

田堵が土地を開墾して、その土地を有力者に寄進し、寄進地系荘園が誕生

中世2 ポイント1 荘園の開発アイコンなし

lecturer_avatar

10世紀半ば頃から、国司は現地の有力農民である 田堵 (たと)に土地の経営を任せるようになります。
力をつけた田堵、特にその中でも有力な、大名田堵と呼ばれる人たちは、 現地で開墾を行い、自分の土地を持つようになります
このように自身で開墾した田堵は、その土地の 開発領主 、つまり土地の持ち主となります。

lecturer_avatar

しかし、田堵はあくまで国司の下にいる有力農民です。
そのため 国司から、開墾した土地の分の税金を求められる ようになります。

lecturer_avatar

そこで開発領主は、 国司の圧力から逃れるため に、国司よりも強い力を持つ貴族や寺社に土地を渡す 寄進 を行いました。
この寄進によって、土地は寄進された貴族や寺社が持ち主となります。
一方、開発領主は寄進して持ち主ではなくなるため、代わりに貴族や寺社から現地管理人である 荘官 (しょうかん)に任命されます。
こうして、有力者に寄進された荘園、 寄進地系荘園 (きしんちけいしょうえん)が誕生しました。
この寄進地系荘園の制度は、後の時代まで続いていくことになります。

Kurokawa

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

荘園の開発
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B