高校数学Ⅲ

高校数学Ⅲ
5分で解ける!不定形について(2)に関する問題

3

5分で解ける!不定形について(2)に関する問題

3
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう

極限5 問題2

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

分母・分子ともにnの2次式である極限です。分子も分母も∞を目指す 「∞÷∞」の不定形 ですね。次のポイントのように分母・分子をnで割ることを考えていきましょう。

極限5 ポイント

分母・分子を「n」で割ると不定形が残る!?

極限5 問題2

lecturer_avatar

ポイントにしたがって分母・分子をnで割ると,
分子 3n-(4/n)
分母 2n+3+(1/n)
となります。分母・分子ともにnの1次式となり,nが∞を目指すとき,分母・分子がともに∞を目指すことになり, 「∞÷∞」の不定形 が解消されません。困りましたね。

lecturer_avatar

そこで,分母・分子をn2で割るようにしましょう。分母・分子にnの2次式が登場したら,n2で割ることにより,(1/n),(1/n2)のように0に向かう項と,定数に向かう項をはっきり分けるのです。

極限5 問題2 解答1~2行目

lecturer_avatar

nが∞を目指すとき,(3/n),(1/n2),-(4/n2)は0に向かうので,分母の定数項2,分子の定数項3だけが残りますね。

答え
極限5 問題2 解答
オンライン個別指導塾
不定形について(2)
3
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

極限

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      数列の極限

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学Ⅲ