高校数学Ⅱ

高校数学Ⅱ
5分で解ける!対数関数のグラフに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!対数関数のグラフに関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 指数関数・対数関数19 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

対数関数のグラフをかく問題ですね。対数関数のグラフは底aの値に注目します。㋐a>1の時と、㋑0<a<1の時で、グラフは異なる形になります。

POINT
高校数学Ⅱ 指数関数・対数関数19 ポイント
lecturer_avatar

x座標が1のとき、x座標がaのときに注目して曲線のグラフをかいていきましょう。

x=1,x=3の2点を書き込もう

高校数学Ⅱ 指数関数・対数関数19 例題

lecturer_avatar

対数関数のグラフを書くポイントを押さえていきましょう。
y=logax のグラフは必ず
x=1のとき、y=0
x=aのとき、y=1
となります。
この2点を書き込み、 右上がりの曲線か、右下がりの曲線かを見極めて あげましょう。

lecturer_avatar

x=1の時、y=log31= 0
底aは3になるので
x=3の時は、y=log33= 1
底3は1より大きいので 右上がりのグラフ となりますね。

lecturer_avatar

これらの条件をもとにグラフを書くと、図のようになります。

答え
高校数学Ⅱ 指数関数・対数関数19 例題 答え
春キャンペーン2019
対数関数のグラフ
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

指数関数・対数関数の問題