高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!対偶を利用する証明1に関する問題

7

5分で解ける!対偶を利用する証明1に関する問題

7
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式80 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「対偶」を利用して、命題の真偽を確かめよう。
ポイントは以下の通りだよ。もとの命題の真偽がわかりづらいときは、対偶から攻めるんだ。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式80 ポイント

対偶「a≦3かつa≦2⇒a+b≦5」から攻める

lecturer_avatar

a+b>5 なんて、候補が多すぎてイメージしづらいね。
a>3またはb>2 というのも同様だ。範囲が大きすぎるね。
もとの命題が分かりづらい ので、対偶を考えよう。

lecturer_avatar

命題の対偶は「 a≦3かつa≦2⇒a+b≦5 」となるよ。
aが3以下で、かつ、bが2以下ということは、a+b≦3+2 ということが言えるね。

答え
高校数学Ⅰ 数と式80 例題の答え
難関大合格パーソナルプログラム
対偶を利用する証明1
7
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

数と式

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      集合と命題

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学Ⅰ