高校数学B

高校数学B
5分で解ける!平行六面体でのベクトルの表し方に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!平行六面体でのベクトルの表し方に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学B ベクトル27 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

ベクトルOMを、ベクトルOA,OC,ODで表す問題です。分点公式に加え、次のポイントの対角線のベクトルの表し方がカギとなります。

POINT
高校数B ベクトル27 ポイント

分点公式で、ベクトルOMを立式

高校数学B ベクトル27 例題

lecturer_avatar

ラフ図を書いてイメージをつけましょう。

高校数学B ベクトル27 例題 答えの図
lecturer_avatar

ベクトルOMを、ベクトルOA,OC,ODで表現します。すべて 始点はO でそろっていますね。点Mは、問題文よりDFの中点なので、
ベクトルOM=(ベクトルOD+ベクトルOF)/2 ……①
と表すことができます。

対角線のベクトルは、基本3ベクトルの和

lecturer_avatar

ここで、ベクトルODは平行六面体の対角線ですね。ポイントより、基本となる3ベクトルの和を考え、
ベクトルOA+ベクトルOC+ベクトルOD=ベクトルOF

lecturer_avatar

これを①に代入すると、ベクトルOMをベクトルOA,OC,ODで表すことができますね。

答え
高校数学B ベクトル27 例題 答え
平行六面体でのベクトルの表し方
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Bの問題