高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!江戸時代の学問9 儒学9(第2問)に関する問題

2

5分で解ける!江戸時代の学問9 儒学9(第2問)に関する問題

2
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
江戸時代の学問(江戸中期以降)の確認テスト【一問一答問題】

近世の文化27 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

近世の文化27 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

水戸藩が編纂事業を行った歴史書は 『大日本史』 です。

lecturer_avatar

江戸時代後期に水戸藩主となり、後期水戸学の中心となったのは徳川斉昭です。

問題2(1)の答え
近世の文化27 問題2(1) 解答

問題2(2)

近世の文化27 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

松下村塾で教鞭をとり、幕府の対外政策を批判して処刑されたのは吉田松陰です。

lecturer_avatar

「寛政の三奇人」と呼ばれた人物の一人で、『三国通覧図説』などを著したのは林子平です。

lecturer_avatar

林子平の著作で、ロシアの南下を警告して海防論を展開したものは 『海国兵談』 です。

問題2(2)の答え
近世の文化27 問題2(2) 解答

問題2(3)

近世の文化27 問題2(3) 問題

lecturer_avatar

『農政本論』、『経済要録』などを著したのは佐藤信淵です。

lecturer_avatar

『赤蝦夷風説考』を著したのは工藤平助です。

問題2(3)の答え
近世の文化27 問題2(3) 解答
オンライン個別指導塾
江戸時代の学問9 儒学9(第2問)
2
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B