高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!江戸時代の学問12 国学・その他の学問3(第3問)に関する問題

1

5分で解ける!江戸時代の学問12 国学・その他の学問3(第3問)に関する問題

1
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
国学・その他の学問の確認テスト【正誤問題】

近世の文化30 問題3 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

最後は、正誤問題です。

問題3

近世の文化30 問題3 アイコンなし

lecturer_avatar

①は誤りです。
宮崎安貞の『農業全書』は、当時の農業の発展に大きな影響を与えました。

lecturer_avatar

②は誤りです。
関孝和の著書は 『発微算法』 ですね。
『塵劫記』を著したのは吉田光由です。

lecturer_avatar

③は誤りです。
二宮尊徳は関東を回って農村を立て直した農政家です。
『夢の代』を著したのは懐徳堂で学んだ山片蟠桃ですね。

lecturer_avatar

④は正しいです。
渋川春海・天文方・貞享暦をセットで覚えておきましょう。

問題3の答え
近世の文化30 問題3 解答
lecturer_avatar

国学と、その他の学問について見てきました。
少し量も多く大変ですが、ひとつひとつ覚えていけば必ず力になりますから、頑張っていきましょう。

オンラインLIVE夏期講習
江戸時代の学問12 国学・その他の学問3(第3問)
1
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

近世の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校日本史B