高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!原敬内閣 (大戦後の状況)

6

5分でわかる!原敬内閣 (大戦後の状況)

6
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

原敬内閣(大戦後の状況)

近代53 単語3
近代53 ポイント3

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

さて、原敬内閣の残りの部分、戦後恐慌などについて見ていきましょう。

戦後恐慌から原敬暗殺へ!

近代53 ポイント3 すべて

lecturer_avatar

まず、国外の出来事を確認します。
1920年、尼港事件が発生します。
これは、シベリア出兵を行っていた日本軍が、ニコラエフスク(尼港)において、抗日パルチザン、いわゆるゲリラに襲われて敗北した事件です。前回の授業でも少し触れましたが、こうした事件もあり、シベリア出兵は失敗に終わります。

lecturer_avatar

さて、国内情勢ですが、1920年頃には、日本経済は戦後恐慌に見舞われます。
大戦景気はあくまでもヨーロッパの生産力低下の恩恵を受けたものでした。よって、戦争が終われば、日本の輸出は減少し、不況へと陥ることになります。

lecturer_avatar

こうした状況の中で労働運動が激化し、政府に対する民衆の不満もますます高まります。
そして、翌1921年、東京駅にて原敬が刺殺され、内閣は倒れることになりました。

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

オンラインLIVE夏期講習
原敬内閣 (大戦後の状況)
6
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

近代

オンラインLIVE夏期講習
オンラインLIVE夏期講習

高校日本史B