高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!律令制度6(第3問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!律令制度6(第3問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
律令制度4・5の確認テスト【正誤問題(○×問題)】

律令制度6 問題3 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回も、最後の大問は実践的な問題です。
調に関しての知識がしっかりと押さえられているかが問われています。

律令制度6 問題3 問題 アイコンなし

lecturer_avatar

選択肢Aは正しい内容です。
調は各地の特産物の他に、絹や布を納めることもできました。
例えば、特産物がない場合や、絹や布自体が特産品の場合は、調としてそれらを納めることもありました。

lecturer_avatar

選択肢Bは誤りです。
調や庸・雑徭といった課役は、 男性にのみ課された もので、女性には課されていません。
そのため、性別を偽って戸籍に登録する 偽籍 がよく行われていました。
なお厳密に言うと、調などの課役は、21歳以上ではなく17歳以上の男性に課されました。

lecturer_avatar

選択肢Cは正しいです。
都へ調や庸を運搬することは 運脚 と呼ばれ、民の義務でした。
とても大変な義務だったんですね。

lecturer_avatar

よって、Aが○、Bが×、Cが○、となります。

問題3の答え
律令制度6 問題3 答え入り
lecturer_avatar

律令制度など、制度に関する内容は、イメージがわきにくく単語や内容が覚えにくい分野です。
このような分野でしっかり覚えて点数を取るためには、とにかく問題を解いてみることが大切です。

律令制度6(第3問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B