高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!律令制度6(第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!律令制度6(第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
律令制度4・5の確認テスト【一問一答問題】

律令制度6 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

律令制度6 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

人民には物を納めるだけではなく、労役や兵役も税として課せられました。
地方政府である国衙(こくが)で60日以下の労役に従事する 雑徭 もその一つです。
また、都で土木工事に従事する歳役もありましたが、こちらは庸を納めるか、歳役に従事するか、のどちらかを選ぶことができました。

問題2(1)の答え
律令制度6 問題2(1) 答え入り

問題2(2)(3)

律令制度6 問題2(2)(3) 問題

lecturer_avatar

都を警備する兵役は 衛士 、九州を警備する兵役は 防人 です。
それぞれ任期は 1年3年 ですが、任地までの交通費や食糧・武器はすべて人民の自費で負担していたため、とても厳しい義務でした。

問題2(2)(3)の答え
律令制度6 問題2(2)(3) 答え入り

問題2(4)

律令制度6 問題2(4) 問題

lecturer_avatar

(4)は、田んぼの種類に関する問題です。
班田収授法に基づいて朝廷から班給された口分田は、税を納める必要がある輸租田でした。
しかし、寺院や神社が私有する田などは税を納めなくてもよいとされていました。
こういった田を 不輸租田 といいます。

問題2(4)の答え
律令制度6 問題2(4) 答え入り
律令制度6(第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B