高校日本史B
高校日本史B
5分で解ける!ヤマト政権1に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!ヤマト政権1に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

ヤマト政権1 練習 空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回学んだ「ヤマト政権」の1回目は、覚えるべき単語が多い回でした。
練習を通じて、間違えて覚えてはいないか確認しましょう。

ヤマト政権、トップの大王からその下までしっかり押さえよう

lecturer_avatar

ヤマト政権の首長は 大王 です。
大王の下に 大臣大連 などの豪族が、さらにその下に一般平民である部民がいましたね。

lecturer_avatar

そのヤマト政権に服属した豪族は、 国造 や県主などの地方官に任命されました。
豪族の支配する土地が 田荘 、大王家の直轄地が 屯倉 という区別もしっかり押さえましょう。
大王の下に連なる序列関係や、支配者によって変わる土地の呼び名を、今一度見直しましょう。

豪族の一族集団である「氏」に対して与えられたのが「姓」

lecturer_avatar

ヤマト政権は、豪族の一族集団を表す と、その氏に与えられた身分・地位を表す称号である を合わせた 氏姓制度 をもとに構成されていました。
氏のなかの上下関係(一族トップの 氏上 、その下の 氏人 など)や、姓の種類( など)も合わせて押さえてください。

古墳時代の朝鮮半島は、位置と国名をセットで覚える!

lecturer_avatar

4世紀後半の朝鮮半島は、馬韓・辰韓・弁韓がそれぞれ 百済新羅伽耶 (伽耶諸国)の3国になりました。
朝鮮半島の国は、以降のヤマト政権と深く関わることになります。位置とともにしっかりと覚えましょう。

ヤマト政権1 練習 答え入り

lecturer_avatar

今回の内容は、人の名前があまり出てこないので、覚えにくかったと思います。
しかし、今回の内容は、次回以降にも繋がる重要な部分となるので、わからないところをもう一度見直すなどしてしっかりとマスターしましょう。

Kurokawa
この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

ヤマト政権1
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B