高校化学

高校化学
5分でわかる!アミノ酸のイオンとpHの関係

1
Movie size

5分でわかる!アミノ酸のイオンとpHの関係

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

アミノ酸のイオンとpHの関係

高校 化学 6章 2節 24 2 答えなし

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アミノ酸のイオンとpHの関係」です。
前回は、水溶液中のアミノ酸の状態として、陽イオン・双性イオン・陰イオンの3種類を紹介しましたね。
この3種類の状態を表したグラフについて、詳しく見ていきます。

酸性では陽イオン多め、塩基性では陰イオン多め

lecturer_avatar

それでは、今回は、問題を解いてみましょう。

高校 化学 6章 2節 24 2 答えなし

lecturer_avatar

それではもう一度、グラフの読み方を確認しましょう。
縦軸にはイオンの物質量、横軸にはpHが書かれています。
等電点とは、水溶液全体の電荷が0になるpHのことです。

lecturer_avatar

そして、等電点を境目として、酸性寄りでは陽イオンが多く、塩基性寄りでは陰イオンが多いのでしたね。

高校 化学 6章 2節 24 2 グラフのみ

lecturer_avatar

今回は、pH13のときに最も多く存在するイオンの種類を答える問題です。
pH13といえば、グラフの右端ですね。

lecturer_avatar

このとき、陽イオンはほとんど存在しません。
双性イオンは、ごくわずかに存在しています。
陰イオンは、多く存在していますね。
よって、pH13の水溶液中に最も多く存在するのは、陰イオンです。

高校 化学 6章 2節 24 2 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

アミノ酸のイオンとpHの関係
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      高分子化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          天然高分子化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学