高校化学

高校化学
5分で解ける!芳香族化合物の分離の基本に関する問題

26

5分で解ける!芳香族化合物の分離の基本に関する問題

26
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 4節 77 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

今回は芳香族化合物の分離に関する、基本的な考え方を学習しました。
その確認問題を解いてみましょう。

水酸化ナトリウムと反応するのは酸

高校 化学 5章 4節 77 練習(1) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、アニリンとフェノールの混合物に水酸化ナトリウム水溶液を加えて、分離する内容です。
まずは、それぞれが酸なのか塩基なのかに注目しましょう。
アニリンは塩基フェノールは酸でしたね。

lecturer_avatar

ということは、塩基である水酸化ナトリウムと反応するのは、酸であるフェノールです。
つまり、フェノールがナトリウムフェノキシドという塩になって、水に溶けます。
よって、答えは、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 77 練習(1) 答えあり

炭酸水素ナトリウムと反応するのは、それより強い酸

高校 化学 5章 4節 77 練習(1) 答えなし

lecturer_avatar

(2)は、安息香酸とフェノールの混合物に炭酸水素ナトリウム水溶液を加えて、分離する内容です。
今度は、どちらも酸なので、その強弱を考えましょう。
安息香酸は、フェノールよりも強い酸です。
そして、そこに炭酸を加えると、次のように強弱が表されます。
 安息香酸>炭酸>フェノール

lecturer_avatar

炭酸の塩である炭酸水素ナトリウムを加えたとき、より強い酸である安息香酸が反応します。
つまり、安息香酸が安息香酸ナトリウムとなって、水に溶けますね。
よって、答えは、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 77 練習(2) 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
芳香族化合物の分離の基本
26
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

有機化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      芳香族化合物

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校化学