高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト14、第1問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト14、第1問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習

高校 化学 5章 4節 79 1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は確認テストです。
練習問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

lecturer_avatar

今回の問題は、芳香族化合物の分離です。
ただし、これまでと違って、4つの物質を分離する必要があるので、じっくりと考えていきましょう。

lecturer_avatar

まずは、それぞれの化合物の性質を見ていきましょう。
左から順番に、中性のニトロベンゼン弱酸性のフェノール酸性の安息香酸塩基性のアニリンですね。

高校 化学 5章 4節 79 1 答えなし

塩酸でアニリンを分離

lecturer_avatar

さぁ、ここに様々な物質を反応させ、1つずつ分離していきましょう。
まず、塩酸HClを加えます。
塩酸は塩基と反応し、アニリンが塩となって水層に溶け出します。

lecturer_avatar

これでアニリンアニリン塩酸塩として分離できました。
エーテル層に残っているのは、ニトロベンゼン・フェノール・安息香酸の3つです。

炭酸水素ナトリウム水溶液で安息香酸を分離

lecturer_avatar

次に、炭酸水素ナトリウムNaHCO3水溶液を加えます。
このとき、酸性度の強い安息香酸は塩となって水に溶けます。
一方、酸性度の弱いフェノールはエーテルの中に残ります。
また、中性のニトロベンゼンもエーテル層に残ったままです。
酸性度の強いものほど、イオンになりたがるイメージでしたね。

lecturer_avatar

これで安息香酸安息香酸ナトリウムとして分離できました。
エーテル層に残っているのは、ニトロベンゼンとフェノールです。

水酸化ナトリウム水溶液でフェノールを分離

lecturer_avatar

最後に、水酸化ナトリウムNaOH水溶液を加えましょう。
水酸化ナトリウムは塩基なので、酸であるフェノールと反応します。
フェノールナトリウムフェノキシドとして分離されるわけです。

lecturer_avatar

その結果、エーテル層にはニトロベンゼンが残ることになりますね。

lecturer_avatar

よって、答えは次のようになります。

高校 化学 5章 4節 79 1 答えあり
有機化合物(テスト14、第1問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          芳香族化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学