高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト10、第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト10、第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習2

高校 化学 5章 4節 58 2 演習2 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

演習2です。

lecturer_avatar

こちらは、ベンゼンの反応に関する問題です。
ベンゼンは置換反応を起こしやすい物質でした。
実際に何ができるのか、見ていきましょう。

高校 化学 5章 4節 58 2 演習2 答えなし

ベンゼン環+塩素⇒クロロベンゼン

lecturer_avatar

まず、①から見ていきます。
鉄粉を触媒として、塩素Cl2 を作用させていますね。
このとき、ベンゼン環の1つの水素が置換されて、クロロベンゼンになります。

lecturer_avatar

このような反応を、ハロゲン化またはクロロ化と呼びました。

高校 化学 5章 4節 58 2 演習2 答え①

ベンゼン環+濃硫酸⇒ベンゼンスルホン酸

lecturer_avatar

続いて、②です。
こちらは、濃硫酸H2SO4 を作用させる反応です。
この場合、スルホ基SO3Hが導入されるのでしたね。
生成した化合物をベンゼンスルホン酸といいます。
ベンゼンスルホン酸は、水に溶けて強酸性を示すことでも有名でしたね。

lecturer_avatar

このような反応を、スルホン化と呼びます。

高校 化学 5章 4節 58 2 演習2 答え②

ベンゼン環+濃硝酸⇒ニトロベンゼン

lecturer_avatar

最後に、③です。
こちらは、濃硝酸HNO3と濃硫酸H2SO4 を作用させています。
この場合、ニトロ基NO2 が導入されます。
出来上がるのは、ニトロベンゼンです。

lecturer_avatar

この反応を、ニトロ化といいましたね。

高校 化学 5章 4節 58 2 演習2 答え③
有機化合物(テスト10、第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          芳香族化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学