高校化学

高校化学
5分でわかる!アニリンと無水酢酸の反応

2
Movie size

5分でわかる!アニリンと無水酢酸の反応

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

アニリンと無水酢酸の反応

高校 化学 5章 4節 73 1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アニリンと無水酢酸の反応」です。

lecturer_avatar

みなさんは、アニリンの性質や製法について学習してきました。
その他にも、アニリンには特徴的な反応が起こります。
今回は、無水酢酸との反応を見てみましょう。

アニリン+無水酢酸⇒アセトアニリド+酢酸

lecturer_avatar

今、アニリン無水酢酸を用意しました。
無水酢酸とは、酢酸2分子が脱水して結合したものでしたね。
この2つを反応させると、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 73 1図のみ

lecturer_avatar

みなさんは、何が起こったかわかりますか?
アニリンの「H」と酢酸の「CH3COO」が結合し、酢酸が飛び出しています。
それによって、残りの部分がくっついているわけですね。
出来上がった物質を、アセトアニリドといいます。

アセトアニリドは、アセチル基とアミド結合をもつ

lecturer_avatar

ちなみに、アセトアニリドのCH3COの部分は、アセチル基と呼ばれます。
そのため、この反応は、アセチル化といいます。

lecturer_avatar

また、このアセトアニリドには、もう一つだけ特徴があります。
NHCOの部分は、アミド結合と呼ばれます。
この構造は、この後の高分子化合物のときに再び登場します。
この機会に覚えておきましょう。

lecturer_avatar

以上の流れをまとめると、次のようになります。
 アニリン+無水酢酸⇒アセトアニリド+酢酸

高校 化学 5章 4節 73 1 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

春キャンペーン2019
アニリンと無水酢酸の反応
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019