高校化学

高校化学
5分で解ける!有機化合物(テスト11、第1問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!有機化合物(テスト11、第1問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 化学 5章 4節 64 1 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習していきましょう。

lecturer_avatar

演習1です。
こちらは、フェノールの製法に関する問題です。

フェノールの製法は、クメンまたはナトリウムフェノキシドを経由

高校 化学 5章 4節 64 1 答えなし

lecturer_avatar

みなさんが注目するのは、ベンゼンに反応させているC3H8 です。
これはプロペンでしたね。
ベンゼンとプロペンを反応させてできる物質といえば、クメンです。
つまり、この方法は、クメン法の流れを表しているわけです。

lecturer_avatar

ちなみに、フェノールの製法としては、ナトリウムフェノキシドを経由する2通りの方法もありました。
そちらの流れもきちんと整理しておきましょう。

ベンゼン+プロペンはクメン法

lecturer_avatar

それでは実際に問題を解いていきます。
まずは、①の構造式を考えます。
①は、クメンでした。
プロペンの3つの炭素のうち、真ん中の炭素がベンゼンにくっつくイメージでしたね。
構造式で表すと、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 64 1 ①の答え
lecturer_avatar

次に、②の構造式を考えます。
②は、クメンを酸化することで得られるものです。
真ん中の炭素と水素の間に、2つの酸素が入るイメージでしたね。
構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 64 1 ②の答え
lecturer_avatar

ちなみに、②の物質は、クメンヒドロペルオキシドといいます。

lecturer_avatar

ベンゼン+プロペン⇒クメン⇒クメンヒドロペルオキシド⇒フェノール+アセトンという流れを押さえておきましょう。

有機化合物(テスト11、第1問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          芳香族化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学