高校化学

高校化学
5分で解ける!アニリンの製法に関する問題

8

5分で解ける!アニリンの製法に関する問題

8
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 5章 4節 72 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

こちらは、アニリンの製法に関する内容ですね。

ニトロベンゼン⇒物質A⇒アニリン

高校 化学 5章 4節 72 練習 答えなし

lecturer_avatar

図に注目しましょう。
ニトロベンゼン⇒物質A⇒アニリンという流れになっています。

lecturer_avatar

アニリンの製法には2種類ありましたが、今回登場しているのは2段階で反応をさせる方法ですね。
最初にニトロベンゼン還元し、強酸と弱塩基の塩を得ます。
その塩に対して、弱塩基の遊離を起こすことによって、アニリンを得るわけですね。

アニリン塩酸塩は、アニリンと塩酸からできる塩

lecturer_avatar

つまり、今回の物質Aは、強酸と弱塩基の塩なのです。
強酸といえば塩酸、弱塩基はアニリンですね。
この2つからできるのは、アニリン塩酸塩です。

lecturer_avatar

構造式は、次のようになります。

高校 化学 5章 4節 72 練習 答えあり
難関大合格パーソナルプログラム
アニリンの製法
8
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

有機化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      芳香族化合物

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校化学