高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!室町文化6(第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!室町文化6(第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
室町文化4・5(建築・絵画)の確認テスト【一問一答問題】

中世の文化21 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

中世の文化21 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

Aの、金閣・銀閣の上層にも用いられた、円覚寺舎利殿に代表される建築様式を 禅宗様(唐様) (ぜんしゅうよう(からよう))といいます。
繊細さが特徴の建築様式で、円覚寺舎利殿は鎌倉文化で建てられた建物でした。

lecturer_avatar

Bの、 慈照寺銀閣の下層や、慈照寺東求堂同仁斎で用いられていた のは、近代の和風住宅の原型となった 書院造 (しょいんづくり)です。

問題2(1)の答え
中世の文化21 問題2(1) 解答

問題2(2)

中世の文化21 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

東山期に水墨画を大成したのは、『 秋冬山水図 』(しゅうとうさんすいず)などを著した 雪舟 (せっしゅう)です。

lecturer_avatar

後に、水墨画に大和絵の手法を取り入れて狩野派をおこしたのは 狩野正信 と狩野元信の親子でした。

問題2(2)の答え
中世の文化21 問題2(2) 解答

問題2(3)

中世の文化21 問題2(3) 問題

lecturer_avatar

砂と石とで山水自然を表現する方法は、 枯山水 (かれさんすい、かれせんずい)です。
枯山水を用いたものとして、 竜安寺石庭 が代表的です。

問題2(3)の答え
中世の文化21 問題2(3) 解答
室町文化6(第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世の文化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B