高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!院政期の文化3(第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!院政期の文化3(第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
院政期の文化の確認テスト【一問一答問題】

中世の文化3 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

中世の文化3 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

白河天皇の造立した 法勝寺 (ほっしょうじ)をはじめとする、院政期に天皇家、特に上皇たちの手で造営された寺を 六勝寺 (りくしょうじ)といいます。

問題2(1)の答え
中世の文化3 問題2(1) 解答

問題2(2)

中世の文化3 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

院政期に編纂されたインド・中国・日本の仏教説話を集めた説話集を 今昔物語集 (こんじゃくものがたりしゅう)といいます。
軍記物語には、前九年合戦を扱った 陸奥話記 (むつわき)があります。

問題2(2)の答え
中世の文化3 問題2(2) 解答

問題2(3)

中世の文化3 問題2(3) 問題

lecturer_avatar

院政期には絵巻物が多く描かれました。
応天門の変を描いた 伴大納言絵巻 (ばんのだいなごんえまき)や、動物を擬人化し風刺も織り交ぜて描かれた 鳥獣戯画 (ちょうじゅうぎが)が有名です。

問題2(3)の答え
中世の文化3 問題2(3) 解答

問題2(4)

中世の文化3 問題2(4) 問題

lecturer_avatar

院政期は、地方に浄土教が広まり、建築にもその影響が現れています。
現在の岩手県に建立された阿弥陀堂建築である 中尊寺金色堂 (ちゅうそんじこんじきどう)は、その代表的なものです。
建立したのは奥州藤原氏の初代である 藤原清衡 (ふじわらのきよひら)です。

問題2(4)の答え
中世の文化3 問題2(4) 解答
院政期の文化3(第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世の文化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B