高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!鎌倉文化6(第2問)に関する問題

1

5分で解ける!鎌倉文化6(第2問)に関する問題

1
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
鎌倉文化4・5(旧仏教・神道・建築・彫刻)の確認テスト【一問一答問題】

中世の文化9 問題2 問題

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題2(1)

中世の文化9 問題2(1) 問題

lecturer_avatar

新仏教に刺激を受けたのは旧仏教だけではなく、神道もその一つです。
伊勢神道を確立したのは、 度会家行 (わたらいいえゆき)でした。
「度」の字を「渡」と間違えないように注意しましょう。

問題2(1)の答え
中世の文化9 問題2(1) 解答

問題2(2)

中世の文化9 問題2(2) 問題

lecturer_avatar

鎌倉時代には、奈良仏師たちが優れた彫刻を制作しています。
東大寺南大門の金剛力士像は 運慶快慶 の作品で、運慶の息子である康勝(こうしょう)は六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)の 空也上人像 (くうやしょうにんぞう)を作りました。

問題2(2)の答え
中世の文化9 問題2(2) 解答
オンライン個別指導塾
鎌倉文化6(第2問)
1
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B