高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!院政期の文化1に関する問題

4

5分で解ける!院政期の文化1に関する問題

4
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中世の文化1 練習 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題で今回学んだ内容を確認しましょう。

浄土教が全国に広まった院政期の文化

lecturer_avatar

平安後期の院政期には、民間の布教者の手により 浄土教全国に普及 しました。
国風文化の時にはまだ中央の貴族による信仰だったのが、全国に広がった、ということがポイントです。

lecturer_avatar

院政期、上皇は 熊野詣高野詣 などの寺社参拝を繰り返し行いました。
また、白河上皇が造営した 法勝寺 など、 六勝寺 の建造を積極的に行っています。

lecturer_avatar

平泉では、 藤原清衡中尊寺金色堂 を、 藤原基衡毛越寺 をそれぞれ建てました。

練習の答え
中世の文化2 練習 答え入り
lecturer_avatar

キーワードは、 浄土教が地方に広がった 、ということです。
そのため、 建築などは必ず都道府県名と一緒に覚える ようにしましょう。

オンライン個別指導塾
院政期の文化1
4
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世の文化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校日本史B