高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!y=ax^2+qのグラフ1に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!y=ax^2+qのグラフ1に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 2次関数6 例題

解説
これでわかる!

例題の解説授業

lecturer_avatar

「y=ax2+qのグラフ」 に関する問題を解こう。
ポイントは下の通りだよ。

POINT
高校数学Ⅰ 2次関数6 ポイント

y=x2のグラフをy軸方向に2持ち上げる

lecturer_avatar

y=x2+2のグラフは、y=x2のグラフを y軸方向に2持ち上げた ものになるはずだね。

lecturer_avatar

具体的にy=x2+2のグラフが通る点を見つけて、結んでみよう。すると、グラフは(0,2)、(1,3)、(2,6)、(-1,3)、(-2,6)といった点を通ることがわかり、放物線を描くように結んでやるとどうだろう。

高校数学Ⅰ 2次関数6 例題の答え グラフ
lecturer_avatar

本当に、y=x2のグラフを y軸方向に2持ち上げた 形になっているね。

「頂点」は「放物線のとんがっている点」

高校数学Ⅰ 2次関数6 例題

lecturer_avatar

問題では、グラフの 「頂点」 についても答えるんだったね。「頂点」はとても重要な言葉だからしっかり覚えよう。簡単にいうと、放物線の先っぽ、とんがっている点のこと。下に凸なグラフでは、最小値をとるときの点になるんだ。

lecturer_avatar

この放物線はy軸上で先っぽがとんがっているね。その座標は (0,2) だよ。
ちなみに、y=x2の頂点は、原点 (0,0) だよね。
こうして、頂点の座標だけを考えても、 「y軸方向に2持ち上がっている」 というのが確認できるよね。

答え
高校数学Ⅰ 2次関数6 例題の答え
y=ax^2+qのグラフ1
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校数学Ⅰの問題