高校数学A

高校数学A
5分で解ける!接線と接線の長さに関する問題

8

5分で解ける!接線と接線の長さに関する問題

8
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学A 図形の性質26 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

接線に関する問題だね。接線の長さは、点Pから接点までの距離のことを指すよ。

半径と接線は垂直に交わる!

高校数学A 図形の性質26 練習

lecturer_avatar

OP=5 で、 円の半径の長さは3 だね。さらに、 半径と接線は、接点で垂直に交わる という性質を考えると、次の図のようにかける。

高校数学A 図形の性質26 練習の答え 問題の図に記入したもの
lecturer_avatar

直角三角形が現れたよ。 三平方の定理 を使えば、求めたい接線の長さは、√(52-32)となるね。

答え
高校数学A 図形の性質26 練習の答え
オンライン個別指導塾
接線と接線の長さ
8
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

図形の性質

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学A