高校日本史B
高校日本史B
5分で解ける!弥生時代の政治3(第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!弥生時代の政治3(第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

弥生文化の確認テスト【一問一答問題】

弥生時代の政治3 問題2 問題

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

次に問題2、一問一答問題を通して理解を深めていきましょう。

問題2(1)

弥生時代の政治3 問題2(1)

lecturer_avatar

日本について記載された最古の中国史書は、 『漢書』地理誌 です。
その後、 『後漢書』東夷伝『魏志』倭人伝 と続きます。
順番を間違えないようにしましょう。

問題2(1)の答え
弥生時代の政治3 問題2(1)答え入り

問題2(2)

弥生時代の政治3 問題2(2)

lecturer_avatar

『漢書』地理誌には、倭が「百余国」に分かれていた、という記述がありました。
当時の日本にあった 小国 の数が「100余り」ということなので、選択肢のなかで当てはまるのは③、およそ100国、が正解です。

lecturer_avatar

ちなみに、その後の時代に書かれた『魏志』倭人伝には、日本が30国に分かれていた、という記述があります。
戦いがあり、100余りの国が次第に統合されて、30国にまとまっていった、と考えられています。

問題2(2)の答え
弥生時代の政治3 問題2(2)答え入り

問題2(3)

弥生時代の政治3 問題2(3)

lecturer_avatar

卑弥呼 が魏に朝貢したことは、 『魏志』倭人伝 に記録されています。
その際、魏からは「 親魏倭王 」の称号を与えられました。
このとき、金印や銅鏡百枚ももらっています。

lecturer_avatar

ちなみに、このように朝貢のお返しとして「漢委奴国王」や「親魏倭王」といった称号を授けることを、「冊封」(さくほう)といいます。

問題2(3)の答え
弥生時代の政治3 問題2(3)答え入り

問題2(4)

弥生時代の政治3 問題2(4)

lecturer_avatar

卑弥呼の死後、男性の王が即位しましたが、内乱で千人以上が亡くなる事態になりました。
これを受けて、 壱与 (または 台与 )という13歳の少女が即位すると、内乱は収まりました。
壱与台与 かは、諸説あるので、どちらで覚えても大丈夫です。

問題2(4)の答え
弥生時代の政治3 問題2(4)答え入り
弥生時代の政治3(第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B