高校化学

高校化学
5分でわかる!合成洗剤の性質

6

5分でわかる!合成洗剤の性質

6
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

合成洗剤の性質

高校 化学 5章 3節 50 2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「合成洗剤の性質」です。

セッケンは弱酸の塩、合成洗剤は強酸の塩

lecturer_avatar

前回は、セッケンと合成洗剤の構造を比較しましたね。
最も大事なのは、セッケンは弱酸の塩合成洗剤は強酸の塩であるということです。
この違いがどのように影響するのか、合成洗剤の性質を見ていきましょう。

合成洗剤を水に溶かすと中性

lecturer_avatar

まずは、水溶液の液性です。
セッケンは、弱酸と強塩基の塩でした。
つまり、水に溶けると、弱塩基性を示します。

lecturer_avatar

それに対して、合成洗剤は、強酸と強塩基の塩です。
水に溶けると、中性になりますね。

合成洗剤は硬水中でも使用できる

lecturer_avatar

次に、硬水中でのはたらきに注目します。
セッケンの場合、硬水中では洗浄力を失いました。
それに対して、合成洗剤は、硬水中でも洗浄力を失いません。
合成洗剤は中性の物質なので反応しにくく、川の水などでも使うことができるわけです。

高校 化学 5章 3節 50 2 答えあり

lecturer_avatar

合成洗剤の性質については、必ずセッケンとの違いを押さえておきましょう。

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

オンラインLIVE夏期講習
合成洗剤の性質
6
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習