高校化学

高校化学
5分でわかる!アルコールの分子内脱水

0
Movie size

5分でわかる!アルコールの分子内脱水

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

アルコールの分子内脱水

高校 化学 5章 3節 32 2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「アルコールの分子内脱水」です。

lecturer_avatar

前回は、アルコールの分子間脱水について学習しました。
濃硫酸を加えて約130℃に加熱すると、ジメチルエーテルやジエチルエーテルのようなエーテルが得られましたね。

lecturer_avatar

それに対して、今回学習するのは分子内脱水です。
どのような違いがあるか、具体的に見ていきましょう。

分子内脱水=1つの分子からHとOHを取り去って結合

lecturer_avatar

図のように、エタノールを1分子用意しました。

高校 化学 5章 3節 32 2 図の矢印より左のみ

lecturer_avatar

ここに濃硫酸を加えて、約170℃に加熱します。
注目するのは、□で囲まれたHとOHです。

高校 化学 5章 3節 32 2 ポイント以外すべて

lecturer_avatar

さぁ、今回もHとOHがH2Oになり、外に飛び出していますね。
しかし、出来上がった物質は、先ほどとは違います。
こちらは、みなさんも知っているエチレンです。
つまり、この反応は、アルケンの一種であるエチレンの製法でもあったのです。

lecturer_avatar

このように、1分子の中で起こる脱水反応を、分子内脱水といいます。

高校 化学 5章 3節 32 2 答えあり

約130℃なら分子間脱水、約170℃なら分子内脱水

lecturer_avatar

それでは、最後に、分子間脱水と分子内脱水の違いを整理しておきましょう。
アルコールに濃硫酸を加えて加熱すると、脱水反応が起こります。
約130℃に加熱すると、分子間脱水が起こり、エーテルができます。
それに対して、約170℃に加熱すると、分子内脱水が起こり、アルケンが生成します。

lecturer_avatar

脱水反応と温度の関係は、テストでよく狙われます。
しっかりと覚えておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

アルコールの分子内脱水
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸素を含む有機化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学