高校数学Ⅱ
高校数学Ⅱ
5分で解ける!虚数単位iと複素数に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!虚数単位iと複素数に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 複素数と方程式2 例題

解説
これでわかる!

例題の解説授業

lecturer_avatar

実際に複素数の問題を解いてみましょう。
ポイントは次の通り。用語をしっかりおさえましょう。

POINT
高校数学Ⅱ 複素数と方程式2 ポイント

「実部」「虚部」とは?

lecturer_avatar

この問題では「実部」「虚部」という新しい用語がでていますが、それほど難しい話ではありません。複素数a+biにおいて、 iの係数となっているbの部分を虚部 といいます。 aの部分実部 といいます。

「複素数a+bi」の形で見よう

高校数学Ⅱ 複素数と方程式2 例題

lecturer_avatar

この問題は、 a+biの形 に注目ですね。

lecturer_avatar

(1)は、a+biの形と比較するとa=3,b=2より、実部が3、虚部が2となります。

lecturer_avatar

(2)は、虚数単位iが存在しないので、a=-4,b=0となり、実部が-4、虚部が0となります。

lecturer_avatar

(3)は、a=5,b=-3より、実部が5、虚部が-3となります。符号にも注意しましょう。

lecturer_avatar

(4)は、実部がないので、a=0,b=-√2となり、実部が0、虚部が-√2となります。

答え
高校数学Ⅱ 複素数と方程式2 例題 答え
Asami
この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

虚数単位iと複素数
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。