高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!「頂点」をヒントに放物線の式を決めるに関する問題

13

5分で解ける!「頂点」をヒントに放物線の式を決めるに関する問題

13
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 2次関数25 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「『頂点』をヒントに放物線の式を決める」 問題だね。
ポイントは以下の通り。頂点(p,q)が具体的にわかっていたら、放物線の式はy=a(x-p)2+qで表せばよかったね。

POINT
高校数学Ⅰ 2次関数25 ポイント

y=a(x-p)2+q とおく!

lecturer_avatar

今回、頂点は(1,2)だから、求める放物線の式は、
y=a(x-1)2+2  
とおくことができるね。

lecturer_avatar

この放物線が(2,4)を通るわけだから、上の式のx,yにそれぞれ代入しよう。
4=a(2-1)2+2  
この方程式を解けば、aの値を求めることができるよね。

答え
高校数学Ⅰ 2次関数25 例題の答え
オンライン個別指導塾
「頂点」をヒントに放物線の式を決める
13
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

高校数学Ⅰの問題