高校数学A

高校数学A
5分で解ける!「余事象の確率」の求め方2(少なくとも…)に関する問題

5

5分で解ける!「余事象の確率」の求め方2(少なくとも…)に関する問題

5
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 場合の数と確率44 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「少なくとも1枚は表」 となる確率を求めよう。 「少なくとも~」 は、「余事象の確率」を示してくれる超重要なキーワードだよ。全体の確率である 1から「すべて表でない」確率をひけばOK だね。と

POINT
高校数学A 場合の数と確率44 ポイント

全体から「すべて表でない」をひく!

高校数学A 場合の数と確率44 例題

lecturer_avatar

少なくとも1枚は表の確率 は、
1- (すべて表でない確率)
だね。ここでもう少し言い換えよう。

lecturer_avatar

コインを投げて 「すべて表でない」 って、 「すべて裏」 ということだね。コインを3枚同時に投げて全部裏となる確率は1/8。少なくとも1枚は表の確率は、1-1/8で求めるられるね。

答え
高校数学A 場合の数と確率44 例題の答え
難関大合格パーソナルプログラム
「余事象の確率」の求め方2(少なくとも…)
5
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

場合の数と確率の問題

高校数学Aの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

場合の数と確率

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      確率

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学A