高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!古墳文化の習俗

1
Movie size

5分でわかる!古墳文化の習俗

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

古墳文化の習俗

古墳文化2 単語4 習俗古墳文化1 ポイント4 習俗

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

4つ目のポイントは、 古墳時代の習俗 です。
習俗とは、ならわしや慣習のことです。
この時代の習俗としては、呪術や信仰にもとづいた儀礼が行われていました。
どんな事が行われていたかを具体的にみていきましょう。

太占や盟神探湯といった呪術が行われていた

古墳文化1 ポイント4 呪術のみ

lecturer_avatar

まずは呪術から見ていきましょう。
呪術のなかで代表的なものは、 太占 (ふとまに)と 盟神探湯 (くがたち)です。

lecturer_avatar

太占はシカの骨を焼いて、その骨の割れ方を神仏のお告げと考え、吉凶を占う方法です。
盟神探湯は裁判のようなものです。
熱湯の中に手を入れて、やけどするかどうかや、やけどの程度によって罪状を見極めたと言われています。
他にも、水で体を清める (みそぎ)や、身の穢れを祓う (はらい)、つまりお祓いなど、今も残る呪術もあったようです。

古墳文化で、伊勢神宮や出雲大社が初めて建てられた

古墳文化1 ポイント3 社のみ

lecturer_avatar

古墳文化では、神様を祀る社(やしろ)、いわゆる神社も建てられました。
今でも有名な三重県の 伊勢神宮 は、 天照大神 (あまてらすおおみかみ)を祀る神社です。
日本の神様が一堂に会すると言われる島根県の 出雲大社 も、この時代からあります。

春に祈年祭、秋に新嘗祭

lecturer_avatar

農耕に関係する儀礼も行われていました。
春には豊作を祈願する 祈年祭 (としごいのまつり)、秋には収穫への感謝を伝える 新嘗祭 (にいなめのまつり)が行われました。
どっちが春、どっちが秋か、をしっかり押さえましょう。

lecturer_avatar

ちなみに、秋に行われる新嘗祭は、今では勤労感謝の日(11/23)に行われています。
毎年この日には、天皇陛下が新嘗祭を執り行った、というニュースが流れます。

lecturer_avatar

また、天皇即位後に初めて行う新嘗祭は特別に 大嘗祭 (おおなめのまつり)と呼ばれます。

Kurokawa

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

古墳文化の習俗
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      原始・古代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校日本史B