高校化学

高校化学
5分でわかる!カルボン酸と酸性

0
Movie size

5分でわかる!カルボン酸と酸性

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

カルボン酸と酸性

高校 化学 5章 3節 42 2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「カルボン酸と酸性」です。

lecturer_avatar

みなさんは、カルボン酸について学習してきました。
カルボン酸というぐらいですから、酸の性質を示すことは予想できますよね。
カルボン酸は、酢酸のイメージからもわかるとおり、弱酸なのです。
今回は、カルボン酸の酸の強さに注目してみましょう。

カルボン酸+水酸化ナトリウム⇒中和反応

lecturer_avatar

最初に、カルボン酸水酸化ナトリウムNaOHを反応させてみましょう。
この2つが反応すると、中和反応が起こりますね。
中和が起こるためには、酸と塩基が必要です。
今回の場合、酸はカルボン酸、塩基は水酸化ナトリウムですね。
このように、カルボン酸が酸であることが確認できました。

高校 化学 5章 3節 42 1行目・2行目

カルボン酸の塩+塩酸⇒酢酸の遊離

lecturer_avatar

次に、カルボン酸の塩塩酸HClを反応させてみましょう。
カルボン酸は弱酸の塩、塩酸は強酸です。
こんな場合には、弱酸の遊離が起こるのでしたね。

高校 化学 5章 3節 42 3行目・4行目

カルボン酸+炭酸の塩⇒炭酸の遊離

lecturer_avatar

最後に、カルボン酸炭酸水素ナトリウムNaHCO3 を反応させます。
すると、次のようになります。

高校 化学 5章 3節 42 5行目・6行目

lecturer_avatar

みなさんは、この式の意味がわかりますか?
今回も弱酸の遊離が起きているのは同じです。
しかし、二酸化炭素が遊離していることを考えると、炭酸よりも酢酸の方が強いということですね。

酸の強さは、塩酸、希硫酸>カルボン酸>炭酸

lecturer_avatar

2つ目の反応では、酢酸は塩酸に負けています。
しかし、3つ目の反応では、酢酸は炭酸に勝っています。

lecturer_avatar

このことから、酸の強弱関係がわかりますね。
酸の強さは、次のようになります。
 塩酸、希硫酸>カルボン酸>炭酸

高校 化学 5章 3節 42 2 答えあり

lecturer_avatar

酸の強弱は、色々なところで登場します。
必ず、「塩酸、希硫酸>カルボン酸>炭酸」の順を覚えましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

カルボン酸と酸性
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸素を含む有機化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学